憲法

概要

商法というのは、商人の商業的な営業や商業、その他商事などについて定められた法律です。ただし他の法律によって特別に定められているものについては除きます。

形式的意義の商法

基本的に、単純に「商法」と言った場合、「商法という法典そのもの」を指す場合と、「商法という法典だけでなくと、それに関連する他の法令の総称」として呼ぶ場合の2パターンがあります。

商法の分野

日本における商法は一般的には下記のように分類されます。

商法総則

商法全体において共通となるような規定です。

会社法

会社について規定する分野を指します。

商行為法

企業活動としての法律行為、つまり商取引に関する法分野を指します。

保険法

商行為においての、保険契約に関する法分野です。本来は商行為法の中に含まれるものですが、特に独自の体系を持つ事から、独立して存在しています。

海商法

海上企業に関連する法律の分野です。国際海上物品運送法、船舶の所有者等の責任の制限に関する法律などが該当します。

有価証券法

有価証券に関する法律の分野です。ただし、株券については会社証券、船荷証券については海商法によって別途定められています。

Copyright 2011 六法ナビ All Rights Reserved.