刑法

概要

刑法とは、犯罪と犯罪に対する刑罰について定められた法律です。犯罪法という場合もあります。

「刑法」という単語は、狭義の意味では「刑法の法典」を指します。これは形式的意義の刑法と呼ばれます。刑法典というのは一般的なd背

「刑法」という語は、狭義では「刑法」という名の法典(刑法典)を指し、これを「形式的意義の刑法」という。刑法典は、一般的な犯罪に関わるものとして「普通刑法」ないし「一般刑法」ともよばれる。また、広義では犯罪の成立要件とその犯罪に対して科せられる法律効果としての刑罰の内容を規定した国家的法規範の全てを指し、これを「実質的意義における刑法」という。最広義では、刑罰を補充する制度である保安処分に関する法をも含める。

刑法の歴史

古代

ハムラビ法典(ハンムラビ法典とも言われます)においては、「目には目を歯には歯を」という考え方がありました。これは同害報復という観念による公刑罰を規定していました。

中世

中世になると、ゲルマンで私的な復讐、つまり私刑を制限するために、被害者が贖罪金という不法行為の損害賠償を受け取る事になっていました。

日本

日本の歴史では、古代に中国からの影響も受けながら、大宝律令といった刑法のような条文法が出ていました。その後、武士の時代となると、鎌倉時代には「貞永式目」が作られましたし、江戸時代には「公事方御定書」が作られました。こうした規律が時代と共に制定されていったのです。こうした日本古来の刑法については、明治維新によって、江戸幕府が終焉を迎えるまで続いていました。明治維新の後はヨーロッパからの影響を受けつつ、ドイツやフランスの刑法典を参考にしつつ、現在の刑法の基が作られたのです。この明治の頃はフランス法の影響が強かったものの、現在の刑法はドイツの刑法の影響を強く受けています。

刑法の種類

刑事刑法

刑事刑法は反社会的であり、処罰に値すると考えられている行為の処罰に関する刑罰法規とされています。

行政刑法

行政刑法は行政上の目的を達成するために行政法規に違反する行為の処罰に関する刑罰法規です。

(引用:Wikipedia)

Copyright 2011 六法ナビ All Rights Reserved.